初めての外壁リフォーム!?外壁塗装の基本など初心者にも分かりやすく解説

当サイトでは初めての外壁リフォームを行う前には知っておきたい、外壁塗装に関する基本などを初心者にも分かりやすく解説しています。
新築から10年目が外壁の塗装を行う目安の一つと言えるでしょう。
劣化が進む前に塗り直しをしておけば安心です。
外壁は紫外線や熱などで変色することもあるので、変色も塗装のし直しが必要な時期を表すサインの一つとなります。
変色が始まっているのならば、早めに対応することをお勧めします。

初めての外壁リフォーム!?外壁塗装の基本など初心者にも分かりやすく解説

家を建ててからまだ外壁リフォームをしていないという人もいるかも知れません。
外壁塗装は家を自然現象から守り、綺麗な外観を保つために必要です。
塗装な一般的に10年程度が寿命とされていて、劣化が進む前に塗り直しをするのが理想的です。
天候が良い日が多い春や秋は適していて、夏や冬は外壁塗装が出来ない場合もあります。
アクリル系・ウレタン系・シリコン系など様々な塗料がありますが、現代で主流なのはシリコン系の塗料です。

外壁塗装は塗料を使った外壁リフォームの一つ

リフォームというと部分的な解体を伴うやや大掛かりな工事のイメージですが、外壁塗装も立派なリフォームの一種だといえるのではないでしょうか。
外壁塗装は塗料を使うリフォーム方法で、新しく塗り替えて見た目を綺麗にしたり、住宅の寿命を延ばすことを目的に行われます。
ひび割れがあれば当然ながら補修しますから、水の侵入とそれによる寿命の低下を避けることができます。
新しく塗り替えられる外壁塗装は、水を弾いたり汚れが付着しにくくなるので、住宅を綺麗な状態に保てます。
また機能性のある塗料を選択することで、雨で汚れが洗い流されたり、直射日光による室内温度の上昇が避けられるといったメリットが発揮されます。
外壁塗装はこのように、新たな機能を付与できることも魅力の1つで、やはりリフォームの一種と捉えて間違いないです。
解体を伴うことはあまりありませんが、見た目と機能、そして何より寿命に関わることから、信頼できる業者に任せて工事をしてもらうことが大切ではないでしょうか。

外壁塗装は美観・保護・機能の3つの目的を達成するためのリフォーム

外壁塗装は美観・保護・機能の3つを目的としたリフォームです。
外壁は常に雨や風、紫外線といった自然によるダメージを受け続けています。
このようなダメージによって塗料は少しずつ剥がれてきてしまい、色あせやくすみなどが目立つようになります。
外壁の色あせやくすみは古びた印象を与えてしまうため、美観を維持するために外壁塗装を行うというのが第一の目的です。
塗料はただ見た目をよくするだけのものではありません。
塗料を塗ることで外壁を保護することができます。
塗料が薄くなると雨などが浸透しやすくなり、クラックというヒビ割れが生じやすくなります。
このクラックから雨水が入り込んでしまうと、柱や梁といった家の土台を傷ませてしまうことになるので注意が必要です。
外壁塗装をすることで壁の保護ができ、劣化を留める効果が期待できます。
また塗料によっては遮熱効果があったり、無機塗料といって汚れがつきにくいなどの機能を持っているタイプもあります。

外壁塗装は劣化した外壁を新築のときと同等の機能に蘇らせる重要な工事

最近は、外壁塗装に関して詳しい人が少し増えてきました。
その理由は、ネット等の情報が溢れているからです。
一昔前はネット等もなく情報を探すにもなかなか探しを書きませんでした。
わざわざ本などを購入し調べる人もほとんどおらず、大抵の場合何も知らないまま業者に依頼することになったわけです。
ところが最近は外壁塗装に関する知識をインターネットで得ることができるため、これを参考にして会社選びをする人も増えてきています。
外壁塗装をする場合会社選びだけではなく様々な知識が身に付くため、どのようなタイミングで行ったら良いかもわかるはずです。
具体的には、建物が劣化した状態で行うのが基本になります。
壁等を触ったとき、白い粉が付いた場合にはすでにぼろくなっていることを表しているため、できるだけ早い段階で業者に依頼した方が良いかもしれません。
その状態だと、すでに防水機能が劣化していることを意味しているわけです。
それ故、早く行動することが必要になります。

自然の猛威により外壁が劣化するためそれを保護する目的で外壁塗装が必要

災害大国の日本は、自然の猛威にさらされることが多く、それだけに外壁の劣化が早く進むといえるのではないでしょうか。
自然の猛威に耐えて外壁の劣化から建物を保護するには、外壁塗装が重要なポイントとなります。
一見するとたかが塗装だと思いがちですが、塗装1つで建物の寿命が大きく左右されることもあるので馬鹿にできないです。
もし劣化を放置して自然の猛威に直面すれば、急激に劣化が進んだりひび割れが生じてそこから雨水が浸入するといったことになり得ます。
雨水の浸入は建物を内部から腐らせることに繋がるので、防水機能の役割を持つ外壁塗装は思った以上に重要です。
自然の猛威は話が通じる相手ではないですし、交渉して待ってもらうこともできないので、常に備える必要があります。
保護の観点では塗料の選択と選定がポイントで、塗膜を厚くして簡単には傷んだり剥がれないようにすることが、結果として建物が長持ちすることになるのではないでしょうか。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装に関する基本

当サイトでは初めての外壁リフォームを行う前には知っておきたい、外壁塗装に関する基本などを初心者にも分かりやすく解説しています。新築から10年目が外壁の塗装を行う目安の一つと言えるでしょう。劣化が進む前に塗り直しをしておけば安心です。外壁は紫外線や熱などで変色することもあるので、変色も塗装のし直しが必要な時期を表すサインの一つとなります。変色が始まっているのならば、早めに対応することをお勧めします。

Search